歴史ある中央区での税理士の活躍

東京で税理士を探す時、少なくとも数の上では困ることは無いだろうと想像像が付きます。全国の税理士の多くの割合をこの地区で占めることは、どの業界でも見られることです。

その中でも、あまり自分には縁がなさそうな、都心での税理士事情に興味があって、他の区の様子も見てみたいと思い、ネットで探していたところ、中央区(東京)税理士.bizというサイトを見つけました。

中央区といえば、超一流の世界に名だたる経済の街です。ニューヨークのウォールストリートと並び、世界の経済に大きな影響を与える金融の中心地であることが、このサイトでも語られています。

それだけに自分には縁がない街と感じることでもある訳ですが、多くの人が集まる場所には、金融以外にもいろいろなヒトやモノが集まるところでもあります。

最近ではオリンピック誘致に成功したこともあり、日本橋など名所旧跡が再評価される傾向もあり、メディアの露出も増えているように感じます。

この地域には江戸時代から商業の要地であり、街道の起点だったこともあって、現在でも老舗の企業が多く見られる土地であることも、このサイトで改めて気付かされました。

そうした環境を背景にし、税理士事情が語られています。

顧客の傾向としては、国内有数の大企業が多く、法人需要に特化した税理士事務所と、老舗の中小事業所に特化したタイプの税理士との2パターンに分かれるということです。

ここから中央区で税理士を探すときのおすすめとして提案されているのが、顧問契約を結ぶときの目的を明確にすることが挙げられています。

中小規模向けに特化された税理士事務所では、最低限の業務を低価格で提供するといったスタイルを持つところもあり、割り切り次第では契約料の節約をすることが出来るからです。

そうした業務では、税理士による業務の質の違いも生まれにくく、それだけ料金面での選択肢は広いと言えるでしょう。

反面、税理士の業務にこだわりを持った選び方もあると言及していて、中央区の事情に合わせた形が語られています。

ひとつは中央区の面積の狭さが特徴的で、このことが税理士の訪問機会への動機につながるとしています。税務相談に期待を寄せる場合には、フットワークの軽さがあることが好まれます。

また中央区には仲介業者や卸業者が多く、ここでの税理士業務では、自社の業種に詳しいことが、税額の算出の違いにつながることになるとしていて、税理士選びの重要なポイントになると言及しています。

このサイトを読んでいると、中央区の税理士の能力は、レベルの高さを求められるという印象です。長い歴史の中で厳しい環境を生き抜いてきた事業所には、それに応じた対応が欠かせないということなのでしょう。