税理士の役割と、税理士の探し方

税理士は税理士法に定められた国家資格で、国税局の所管で毎年税理士試験が行われています。

会計学に属する簿記論と財務諸表論の2科目と、税法に関わる所得税法、法人税法、相続税法、消費税法又は酒税法、国税徴収法、住民税又は事業税、固定資産税のうちから3科目(所得税法か法人税法のどちらか1科目は必ず選択しなければならない)の計5科目について合格すると、合格者となります。

税理士試験が他の資格試験と違い特殊だと言われる理由は、科目合格制をとっているところで、上記の5科目をすべて一度に受験する必要はなく、1科目ずつ受験することができます。

勉強する科目を絞ることができる上に、合格基準点も満点の60%と比較的目指しやすい点数ですので、税理というとっつきにくい難しいイメージのある資格ではありますが、比較的に挑戦しやすい資格だと言われています。

受験資格としては、大学又は短大の卒業者で経済学や法律学を1科目以上履修した者等が該当します。

必ずしも専門科目の必要は無く、一般教養科目などで法律概論や憲法、国際法などの法律に関する科目や、マクロ経済学や会計学、経済史などの経済に関わる科目を履修したことのある方であれば、経済学科や法学科以外の出身の方でも受験資格がありますので、かなりの数の方が該当するようです。

また、専門学校を卒業している方でも、修業年限が2年以上で、課程の修了に必要な総授業時間数が1700時間以上の学校であれば、経済学や法律学を1科目以上受験していれば、受験資格があります。

実際に税理士となるには、試験に合格した方でも、2年以上の会計に関する実務経験が必要となりますが、会計に関する仕事をされている方であれば、ぜひとも目指したい資格であると言えるでしょう。

しかし、税理士に依頼する側の視点から見た場合、そんな税理士を紹介してくれるサービスもあるようです。

その名も、税理士紹介相談所。
無料で税理士を紹介してくれる理由がしっかりと説明されており、納得することができました。

税理士さんからの広告料から費用がまかなわれているのであれば、逆に紹介していただいた税理士さんに対して、申し訳なく思ってしまうくらいです。

無料で紹介していただいて、信頼できる税理士さんにめぐり合わせていただいたのであれば、申し訳なさも手伝って、税理士さんには、しっかりした金額をお支払しなきゃと思えますし、無料も悪いことばかりではないのかなと思うようになりました。

税理のお仕事は、業界の方でない限り縁の無いものでしょう。
どんな手続きが必要なのか、どんな仕事をしなければいけないのか、どこに届けなければいけないのかなど、必要な知識ではありますが面倒で分かりにくいものです。

税理士さんにお願いすれば良いと思っても、どんな方が良いのか、そもそもどんな方がこの税理士事務所にはいらっしゃるかなど分かるはずもなく、選ぶことすらできません。

近くを気を付けて歩いてみると、○○税理士事務所という看板はよく見かけるのですが、中の様子をのぞき見ることもできず、こちらは自宅に併設されているから、個人で経営されているのかと考えてみたり、駅前のビルに入っているからある程度大規模なんだろうと考えてみたり、憶測ばかりがからまわり、さらにその憶測のないようですら、自分が必要としている税理士さんがどちらにいらっしゃる方なのかもわかりません。
もちろん、そのどちらにもいらっしゃらないかもしれないのです。

この不安な状況を助けて下さるのが税理士紹介相談所さんなのだと思います。
税理士紹介相談所さんのコンシェルジュの方は、私は持ち合わせていない的確な知識と、実際に税理士さんにお会いして感じ取っていらっしゃるその税理士さんの適正、そして、自分では全く分かっていなかった自分の状況を、実際にお会いして見極め、適切に把握してくださり、それらを考え併せて、適切なマッチングを行ってくださるのです。
しかもそれが無料でしていただけることだなんて、こんなにうれしいことがあるでしょうか。

税務や税理、「税」という言葉を聞くと耳をふさぎたくなってしまうような方にも、適切な知識と情報をもって、優しい手を差し伸べて救い上げてくれる、これが税理士紹介相談所さんです。最初に無料だというだけで胡散臭いなどと思ってしまい、申し訳ない限りです。

→税理士紹介サービスのプロフェッショナル「税理士紹介相談所」サイトはこちら


資金繰りのことなら品川区の税理士事務所へ

会社はある程度儲けているはずなのに、なぜか倒産の危機のあるという会社は今の時代とても多くなっています。よく昔から「勘定あって銭足らず」なんて言葉がありますね。このような状況は品川区にも言えることです。

つまりコンスタントに新規顧客を開拓し、取引先とも良好な取引を続けているのにますます経営状況は悪化していくというパターンです。でもこれはどうしてなのでしょうか。まず利益と資金繰りは全く別物であるということを覚えておかなくてはいけません。

簡単に言うと利益が獲得できるからといってその回収が遅れたりすると経費が増えていき資金繰りが危うくなるのです。しかしこれは自分ではどうしても対処しにくい場合があります。ではこのような問題を抱えている品川区の会社はどのように対応することができるのでしょうか。

ぜひこの点で税理士を利用してみることをおススメします。彼らは会計や経理のプロでもあり、資金繰りの改善に関してはまさに適任者であるということができるからです。彼らは会社の帳簿や実際の取引履歴を見て、真の問題点を明らかにしてそれを経営者に指摘してくれます。

そしてそれに対する具体的な解決策を提示してくれるのです。でも具体的に税理士はどんなことをしてくれるのでしょうか。きっと皆さんもこの点に非常に強い関心を持っておられると思います。まず第一のステップは目先の資金不足の手当てをすることです。

それをしないと解決策を考えている間に会社が倒産してしまうからです。税理士は資金繰り表などを利用して正確な資金不足額を見積もり、その確保に経営者と一緒に努めることでしょう。

もしこの不足額を手当てできないとあっという間に手形の不渡りや倒産という形になってしまうからです。もう一つは資金繰りを悪化させている原因の究明とそれに負けない企業体質を作ることです。

この点で税理士は自分の分析結果を経営者や経理担当者、そして営業担当者などと共有し、会社全体としてその解決にあたることを励ましてくれることでしょう。経営者というのは資金繰りを改善するというとすぐに目先の借入ばかりを考えることがあります。

しかしこれははっきり言って根本的な解決策にはなりません。資金繰りの悪化の原因が「過剰な在庫」なのか、「売上債権回収サイトの悪化」なのかその他のことによるものなのかで全く解決方法は異なってくるからです。ぜひこんな悩みを抱えている場合は品川区の税理士事務所に一度相談してみましょう。